2014年02月17日

型防染でてぬぐいを

先日はひどい雪でしたね。
というか、まだまだ、雪が残っていますね。
私は雪の日以降、工房の方には行っていないのですが(たぶん私はたどりつけない…)、きっとまた雪国になっているのでしょうね…。

さて、だいぶ日にちが過ぎてしまいましたが、前回の廣瀬さんのブログの続き?をしぶやが書いております。


あの日の午後は、「福田商店」の関係者のみなさまが工房にいらっしゃいました。

本当は「打ち合わせ」等々の用件で、だったのですが、たまたま私たち二人がてぬぐいに防染糊を置いていたところにいらしたものですから…

みなさまにもやっていただくことになりました!

今回は、「型防染」という技法です。

「型防染」は、簡単にいえば、型紙を使って防染糊を置いた後、地染めをするというものです。

この日使う型紙は、その場でとっても簡単にしかもお安くできる型紙です。
それは、これ。
201402手ぬぐい防染9.jpg201402手ぬぐい防染4.jpg

見覚えのある方がほとんどなのでは…。
そう、いわゆる「切り紙」です。

紙を折って折ってたたんで、切って、ひらく。
私はこれに子どもの頃にかなりハマっておりました。
大人になった今やってみても面白いです。

今回はこの切り紙を型紙がわりにしてやってみます。

201402手ぬぐい防染5.jpg
紗枠で押さえて…

201402手ぬぐい防染6.jpg
防染糊をおきます。
紙はただのコピー用紙なので使い捨てになってしまいますが…。

意外に使えます。2度置きできるのは自分でも発見でした。
201402手ぬぐい防染11.jpg

今回使用したのは浸染用の特殊な防染糊なので、このあとおなべで浸染します。
先ほど糊置きしたところだけが防染されて白く抜け、他の地のところは今日はブルーになる予定…。

201402手ぬぐい防染7.jpg

さあ、どうでしょう!

201402手ぬぐい防染1.jpg
これは「ナナチャイ」さんというチャイ屋さんのお店の看板布にしてくださるそうです。
ちなみに、首に巻いていらっしゃるのは、私の染めた藍染糸で編まれたスヌードです。
自分の染めた糸がこんなふうに変化するの、すごくたのしいです。

そのスヌードを編まれた作者の方の手ぬぐいがこちらです。
201402手ぬぐい防染3.jpg
こちらは、ご家族の似顔絵つき。

201402手ぬぐい防染2.jpg
こちらは「福田商店」の「福ちゃん尽くし」ですね。さすがデザイナーさんなので、ご自分で型彫りなさっていました。
どうも、これはなにかおめでたい感じがして良いですね…!

廣瀬さんは蝶や花を切り出していました。小さいので見難いですが、右端には小さな名入りです。よくこんな細かいの短時間で彫りますよね…。
201402手ぬぐい防染10.jpg

私は正統派?切り紙柄です。
201402手ぬぐい防染8.jpg

5者5様のてぬぐいができました。

みなさんにやっていただいて、手順や方法、その他ご意見など、色々参考になりました、ありがとうございました。
とっても「面白い!」「すごい!」と喜んでいただけたのが嬉しかったです。

というわけで、この技法のワークショップをやろうと今廣瀬さんと企画中です。

近日、詳細を決定したらまたお知らせしますね。おたのしみに…。
posted by ソメビト・カキビト at 09:33| Comment(0) | 日記(カキビト)