2014年08月15日

藍染の体験講習会

まだまだ、暑い日々が続いていますね。

さて、先日は工房で藍染の体験講習会がありました。
「化学建て」という方法での、かんたんな藍染めです。

私一人でやるときは、バケツ的なものの中ですることが多いのですが、今回はお客様の手を汚してしまうのもなんなので、袋の中で染める方法をとりました。

以前、このブログでもご紹介しましたが
http://somebito-oribito.sblo.jp/article/83445799.html)、
藍染は、化学でいうところの「酸化」「還元」という仕組みを利用して染めます。なので、藍の色素と「酸素」との出会いをどうコントロールするかが非常に重要なのです。

今回は、このように袋の中に藍染液と布(ストール)を閉じ込めてしまいました。201408藍袋染め1.jpg

中に入っている液が黄緑や緑色なのがわかるでしょうか?
これは藍に含まれる色素が「インディカン」という名前の物体になっていることろでして、インディカンはこのように黄色っぽい色合いの色素です。
このようにほぼ酸素の入らない、アルカリ液の状態のときは、液中に色素インディカンが溶けているので、「このままインディカンが袋の中の布と結びついてくれる=染まる」というわけです。

今回は、無地染めをしたい!というみなさまのご希望があり、ムラにならないかちょっと心配しながら、がんばって袋の中の布を動かしていただいていました。
(本当は、袋のような狭い場所で染めるには、絞ったりしたほうが理に適っているのです。)

さて、しばらくがんばって染めていただいたあとは、袋から取り出して、ここからが勝負です!
急いで水洗いして、今度は酸性の液につけますと...
201408藍袋染め2.jpg
「わー!」と声が上がります。
黄色かった布が青色に変化しました。

黄色い「インディカン」が酸素によって、青い色素「インディゴ」に変化した瞬間です。

ここからは、空気中の酸素も手伝って、どんどん青くなっていきます。
いくつかの手順でなんども洗っていくと、最終的にはこんな感じに。
201408藍袋染め3.jpg
これはまだ濡れていますが、だいぶ青くなっているのがわかります。
乾くともう少し薄い色になります。
この先は自然乾燥が必要なので、みなさまにはそれぞれこの状態でお持ち帰りいただきました。

その後、どんなストールになったか気になる方は、こちらにそのときご参加だった方のブログがありますので、ご覧下さい。↓
http://blog.goo.ne.jp/ginobox/e/d0261a84c6809dce88d7bc22dcb6c715

楽しんでいただけたなら、よかったなあと思っています。
こんな簡易の方法でも、藍染はおもしろいですね。
タグ:草木染 講習
posted by ソメビト・カキビト at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(カキビト)

2014年08月04日

おりがみ絞り染色教室

先日は、工房に「おりがみ絞り」を体験しに、たくさんのお子様とお母さま、お父さまがいらっしゃいました。

おりがみ絞り、ということで、方法のプリントと、わりばし、わごむ、ビー玉などなどご用意して...。
20140802おりがみ絞りWS1.jpg

さあ、方法がわかったところで、おかあさんも、おとうさんも、こどもも、みんなで絞ります。
20140802おりがみ絞りWS2.jpg
しぼります。20140802おりがみ絞りWS3.jpg20140802おりがみ絞りWS4.jpg
この丸いところは、ビー玉が入っていますね。

ビー玉が大人気で、足りなくなっちゃったので、さいごには工房の庭にたくさんある、大きな玉砂利を入れていました。

この日は、おなべに、青とピンクの染料を作って、絞った布たちを投入。
なべに布が入って色がついていくのが楽しいと、なべをのぞきこみに来る子も...。

しばらく待って、染めあがった布の絞りをほどきます。
この日は、それぞれメインのエコバッグや手ぬぐいの他、「いろいろやってみよう」ということで、小さな布をたくさん絞っていたので、何回も広げるおたのしみを満喫していただけたのではないでしょうか。

こんな感じに仕上がりました。20140802おりがみ絞りWS13.jpg20140802おりがみ絞りWS7.jpg
これは、手ぬぐいです。まだまだ他にもすてきなものがたくさんできました。20140802おりがみ絞りWS6.jpg20140802おりがみ絞りWS10.jpg
これらの手ぬぐいは、「おりがみ絞り」と、ビー玉や石や輪ゴムを使った、くくり絞りの両方の技法を使っています。

そして、こちらは、エコバッグです。20140802おりがみ絞りWS14.jpg

これが、色々な絞りを楽しんでいただいた、小さな布です。
20140802おりがみ絞りWS12.jpg
この日は、白い布の他に、薄ピンクと黄土色の布をご用意しました。
下地の色によって、染め上がりが変わっていて、それも面白かったですね。
小さな布ですが、コースターや、お菓子のお皿の下敷きなどに使っていただけそうです。

ご参加のみなさまにはご満足いただけたようで、こちらもたいへんうれしかったです。






posted by ソメビト・カキビト at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(カキビト)