2014年10月22日

「小さな紅型染め体験」ワークショップのお知らせ

今日は、雨。
でも、週末は良いお天気になりそうです。

今週末、当工房はイベントのダブル状態です。
先日ご案内した「陣馬山麓アトリエ展」にも出展しつつ、25日(土)は「ファミリーフェスinはちおうじ」、(http://www.minnanocanvas.com/)26日(日)は「FARMART」(http://akiten.jp/2014/10/03/1068)に出展します。

どちらのイベントでも、ワークショップが予定されています。
「ファミリーフェスinはちおうじ」では、「卓上織機によこ糸を入れて織ってみる」体験ワークショップ(基本的にはお子様向けで、本当にただ「体験」だけです。)をします。また、この日は工房に眠っているたくさんの糸の虫干しを兼ねて、「好きな色糸を好きな量だけ糸巻きして販売」をする予定です。
1g5円での量り売りとなりますので、糸好きの方はぜひ、いらしてみてはいかかでしょうか。

「FARMART」では、「小さな紅型染め体験」ワークショップを行います。

紅型染め(びんがたぞめ)は、型染めの一技法です。
本来は、型を用意し、防染糊を置く作業から始まりますが、今回はあらかじめ防染糊を置いた布をご用意しております。
そこに、様々な色の顔料を、刷り込み刷毛を使って刷り込んでいく、「色挿し」の作業部分をお楽しみいただく予定です。
(色挿し→アイロン(熱)定着→糊落とし(洗い)→アイロン乾燥 の手順です。)
5×7センチ程度の小さな布ですので、所要時間はおおよそ30分程度と思われます。
(色挿しをゆっくりすると、もう少しお時間のかかる方も出るかもしれませんが、長くとも1時間はかからないと思います。)
仕上がった布は額縁(別売;110円〜)に入れることもできます。
サンプルはこんな感じです。
小さな紅型染めサンプル.jpg
左が、色挿し前の状態です。灰色のところは防染糊です。糊のついていない、白いところに好きな色を入れていき、最後に糊を洗い落とすと、額縁の作品のようになります。

同じ型の柄でも、挿す色の組み合わせによって、驚くほど印象が変わります。
当日は、伊勢型紙の伝統柄、当工房オリジナルデザインの柄など、いろいろな柄をご用意してお待ちしております。

場所は八王子駅北口近くの「OK-3ビル 4F」(東京都八王子市横山町9−22)です。
11:00〜 / 13:00〜 / 15:00〜 (各回30分) / 各回定員5人 / 参加費700円 となっております。
参加のご希望は、開催本部あてメールにてご予約ください。(空きがあれば当日参加も可能です)
こちらです→ farmart@akiten.jp

また、FARMARTは、農家さん、パン屋さん、お料理の方、そしてクラフト作家が共同で開催する面白いイベントです。おいしいものもいろいろ用意されているようですよ。
当工房は、このワークショップの他、農家さんとのコラボで「落花生柄てぬぐい」や「パプリカ(の葉と茎)染めの毛糸などを販売する予定です。




posted by ソメビト・カキビト at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(カキビト)

2014年10月19日

「陣馬山麓アトリエ展」始まりました!そして今日は「てくてくマーケット」です!

朝晩、冷え込むようになりました。
ちょっとずつ、木々の色も秋らしくなってきました。

今日は八王子、みずき通りで開催される「てくてくマーケット」の日です。
私もまもなく現地に出発します。
今回は、ランチボックスを販売されるみなさまとのコラボで、「オリジナルランチバッグ」を数量限定で販売します!
そのほか、「好きな量だけ自分で色々な色の糸を合わせて巻いて買う」ことのできる「糸巻きワークショップ」もする予定ですので、ぜひ、いらしてください。
合わせ糸2.jpg


さて、昨日から、「陣馬山麓アトリエ展」が始まりました。
陣馬街道の奥の方で作家活動をなさっている方々が、毎年この時期にアトリエを開放して開いているそうです。
私たちは今回、初参加です。

一昨昨日、廣瀬さんが搬入は済ませてくれていたので、昨日、私はひとりバイクで現地へ…。
「和田峠の方にいったらだめだよ!まあ、そもそもその先は通行止めだけどね。」
と、廣瀬さんに事前注意を受けていたにもかかわらず、なぜか、そっちの道に入ってしまって戻ってきたりしましたが、無事到着。
(ちなみに、和田峠方向との分岐点には、「この先和田峠通行止」の看板が中央に置いてあります。そこをまっすぐっぽく行かずに、左の小さな橋を渡るところがポイントです。)2014陣馬山麓アトリエ展1.jpg

この写真の場所は、会場の4「アトリエ サリヒラフ」です。この手前に、ほかのアトリエや駐車場があります。(車の方は、ここまで来てしまうとUターン困難になりますので、必ず手前の「アトリエ展駐車場」にとめてくださいませ。)

「アトリエ サリヒラフ」の入り口。2014陣馬山麓アトリエ展2.jpg

中はいらしてからのお楽しみ。
すてきな空間が広がっています。

さて、私たち染人織人のスペースのある「アトリエ モミとシカ」は、簡易地図の上では、「サリヒラフ」の向かい側と表示されておりますが、実際には、空間的な高さの差があります。2014陣馬山麓アトリエ展3.jpg
階段をのぼると、白い手作りタープが見えます。
上には、小さなかわいらしい小屋「アトリエ モミとシカ」と、気持ちのいい空間が。2014陣馬山麓アトリエ展4.jpg

こちらは、私たちとコラボ作品をつくっている、デザイナーの福田さんのスペース。2014陣馬山麓アトリエ展6.jpg
今回は、文字をモチーフにしたデザインのてぬぐいをつくりました。
廣瀬さんが、型紙を彫り、染めています。3枚.jpg

今回のアトリエ展に合わせた3枚のてぬぐい。
この場所にある森と川のイメージ、そして山の向こうの夕焼けがデザインされています。

たしかに川がすぐそばにあり、水の流れる音がとても気持ち良かった。
福田さんのデザインを最初にみたときには、まだ来たことがなかったのであまり実感が湧かなかったのですが、昨日現地に来て、なるほどなあと思いました。

私たちも、オリジナルデザインの手ぬぐいほか、紅型染の布、草木染の毛糸など出しております。
2014陣馬山麓アトリエ展5.jpg
ちょっとした山のお散歩、いらしてみてはいかかでしょうか?










posted by ソメビト・カキビト at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(カキビト)

2014年10月01日

キノコ展、はじまります。

今日から10月、すっかり秋めいてきましたね。
昨日は、そこここから、キンモクセイの香りがしてきていました。
いつも通る道なのに、花が咲くまでは気付かなくて、ああ、こんなところにキンモクセイの木があったんだ!とか思いますよね。あの小さなオレンジの花、私はけっこう好きです。

さて、おひさしぶりのブログです。
今月から出展ラッシュが始まります。
昨日はその第1弾、「キノコ展」の搬入日でした。
八王子、みずき通りの「Cafe rin」と、そこから徒歩約10分の「アトリエ カモミール」の2か所での同時開催です。
http://ameblo.jp/komako-cafe-rin/entry-11932332558.html

染人織人は、Cafe rinさんでの展示です。
Cafe rinさんは、落ち着きのある、やさしい雰囲気のお店です。2014キノコ展搬入日1.jpg
壁に並んでいるのは、鈴木康生さんという版画作家の方の作品です。

またこれは、別の方の作品で、こんな面白いものも。2014キノコ展搬入日2.jpg
これ、ボールペンだそうです。
他に、ガラス・木工・フェルト・絵本などなど、色々な作家の方が搬入にいらしていました。

さて、染人織人は、キノコ柄の手ぬぐいです。2014キノコ展搬入日4.jpg
なんか、宇宙みたいですよね。
色はほかにもいろいろありますが、こんな感じの不思議な地染めのところに、抜染でキノコの柄を抜いたものです。
2014キノコ展搬入日5.jpg
いつもにもまして、「一点もの」感があります。

廣瀬さんデザインの、こんなかわいらしいキノコ君の手ぬぐいもありますよ。2014キノコ展搬入日3.jpg

もちろん、キノコのお食事もできます。
キノコが満喫できる展示会に足をお運びになってみてはいかがでしょう。
本日10月1日から、10日(金)までです。





posted by ソメビト・カキビト at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(カキビト)